ニュース

テラコーヒーからのお知らせや豆の入荷情報など、
最新の話題をお伝えします。

ブラジル・マカウバシーマ農園

%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%9011.01.17.jpg

ブラジル、マカウバシーマ農園のニュークロップ(新豆)が入荷しました。
この農園との付き合いは本当に長くなりました。農園主のグラウシオさんはとても誠実な方です。農産物ですので出来の良い年もそうでない年もありますが、毎年購入し続け関係を築いてきた農園です、15年くらい前に始めてこの農園のコーヒーを飲んだ時の甘くソフトな香味は今も忘れられません、その頃シングルオリジンのブラジルは少なくスペシャルティコーヒーという言葉自体まだ無くグルメコーヒーなどと言っていた時代だったと思います。まさにスペシャルティコーヒーが動き始めた時代から今にいたるまで付き合ってきたわけです。香ばしい大地の香りはアーモンドのコクとミルクチョコの甘みです。ぜひお試し下さい。写真は地平線まで続くコーヒーの木、これだけの規模のサングロウンコーヒーはブラジル特有の光景です。ご購入はこちら

湘南 Coffee Time

明日から!
2/11(土)・12(日)湘南T-SITEにて行われるコーヒーイベント、

Shonan Coffee Timeに出店します。
ジャズライブなども行われる予定ですので、ぜひ足を運んでみてください。

ニカラグア・フローレンシア ナチュラル

%E3%83%81%E3%83%8E.jpg

ニカラグア北部の山岳地帯ラス・セゴビア地区のコーヒーをフローレンシアのミル(精製所)でナチュラル精製したコーヒー販売中です。
フローレンシア社はコスタリカのコーヒー会社デリカフェの傘下の会社で、近年高品質著しいコスタリカの手法を積極的に取り入れています。
ニカラグアのコーヒーと言えば大きな粒の品種マラゴジペを販売することが多いのですが、こちらのナチュラルはブルボン・カトゥーラ種で真っ赤に熟した実だけを気候の恵まれた土地で棚に敷きつめ天日干ししています。その味わいはナチュラル香、複雑で、メロンや洋酒の様な香りスパイスのきいた味わい、個性的でユニークなナチュラルコーヒーです。今年の味わいはクリーンなナチュラルコーヒーとして高品質だた感じます。一度はぜひお試し頂きたいコーヒーです。
ご購入はこちら
写真はデリカフェのチノさん、コスタリカに行ったとき一緒しました。

パプアニューギニアの新豆販売中です。

%E3%83%91%E3%83%97%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%82%AC%E3%83%902016.jpg

パプアニューギニア・キガバ農園の新豆が入荷しております。
在来品種ティピカ種を味わえる貴重な産地です。ジャマイカ(ブルーマウンテン)から苗木を持ち込み栽培されてきた経緯があり、ブルマン好きな方におすすすめです。
滑らかな舌触り、程よい甘み、リンゴのようなすっきりとした後味、久しぶりの入荷ですのでぜひお試しください。
ご購入はこちら

新年明けましておめでとうございます。

昨年は当店をご愛顧いただきありがとうございました。
今年も皆様に特別な一杯をお届けできるよう頑張りたいと思います。
1/6(金)より営業致します。
ネットショップの出荷も1/6からとなります。
どうぞ今年もよろしくお願い致します。

営業日のお知らせ。

年末は12/31(土)17:00までとなります。
12/26(月)も休まず営業致します。
年始は1/6(金)からとなります。
よろしくお願い致します。

2017カレンダー・プレゼント中です。

%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC.jpg

今年もあと1週間。コーヒー豆お買い上げのお客様にカレンダーをプレゼント中です。数に限りがありますのでお早めにどうぞよろしくお願いします。

ドミニカのコーヒーが入荷しました。

%E3%83%89%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AB2016.jpg

ドミニカ・ぺぺ農園の新豆が入荷しました。カリブ海に浮かぶエスパニョール島、東の約2/3がドミニカ、西の約1/3がハイチです。カリブ海周辺のコーヒーはフランス領マルティニーク島から伝播したティピカ種(在来品種)が生産された歴史のある産地ですが、他国の生産増加や度重なるハリケーンの被害が多く、近年はサビ病の影響もあり昔ほどコーヒーの生産は盛んではなくなりました。カリブ海のコーヒーは柔らかくマイルド、滑らかな舌触りが特徴ですが今ではなかなかいいコーヒーに巡り会えません。マイルドで飲みやすく、サクランボの様なやさしい酸味とミルクキャラメルの様な柔らかい甘味ですぜひお試しください。
ご購入はこちら

コスタリカ ドン・ホセ農園スペシャルティ販売中

ブルマス・デル・スルキ マイクロミル(小規模精製所)はコスタリカコーヒーがスペシャルティコーヒーの産地として注目を集める先駆となった生産者で、高品質なコーヒーを作り出しています。このマイクロミルの成功があって沢山の小規模マイクロミルが立ち上がり、様々な高品質のコーヒーが産出されるようになりました。ファン・ラモンさんが所有するドン・ホセ農園は標高2000m前後と非常に高く、ここで収穫されたコーヒーチェリーをブルマスマイクロミルで精製します。 その香味は、とにかくクリーンカップ、華やかな香り、マウスフィール、甘味、アフターテイスト、どれをとっても高得点で高次元でバランスがとれたスペシャルティコーヒーの代名詞的な味わいです。ぜひお試し下さい。
メディアムロースト(浅いり)
フレンチロースト(深いり)

TOKYO COFFEE FESTIVALに出店します。

TOKYO COFFEE FESTIVAL 2016winterに出店します。
11/26(土)のみの出店となります。
ぜひ遊びにいらして下さい。